ヒューマンネットワークグループ代表 齋藤伸市ブログ

特別講演会へご参加の御礼

去る10月16日(金)、弊社主催の特別講演会を、
星野リゾート代表 星野佳路氏を講師にお招きして
開催いたしました。

image.jpg

ご来場くださいました皆様には、
コロナ禍でマスク着用、検温、手指消毒のお願いなど、
感染予防にご協力いただき、
誠に有難うございます。

img_01.png

お蔭様で有意義な講演会を開催することができました。
これも皆様方のご支援とご愛顧によるものと、
心から感謝いたしております。


第1部では星野代表にお話しいただきました。
星野代表の携わる「観光産業」は、
コロナで最も大きな影響を受けた業種の一つです。

続きはこちら

2020年10月27日 14:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

創業者の遺志を継ぐ姿

昨秋より、『「お家騒動」から学ぶ
オーナー企業のリスクマネジメント』と題して、
セミナーを行っており、
今年は全国6つの都市で開催してきました。

講師は「大戸屋ごはん処」の創業家のご子息、
株式会社スリーフォレストの三森 智仁社長をお招きして、
創業者の急逝による「お家騒動の真相」と、
創業家に波及した一部始終をお話しいただいております。

ところで、約5年前になりますが、
創業者は三森社長を後継者に決めていたにも関わらず
結果的にお家騒動となり、
ご本人の意思で経営から身を引かれました。

創業家は多額の相続税を課せられましたが、
創業者である父への想いから、
株を手放すことなく、銀行から借入れをして納税し、
返済を続けてきたそうです。

今年に入り、ニュース等で皆さまもご存知かと思いますが、
コロワイドさんより株を譲ってほしいとの打診があり、
最終的には売却を決められました。

続きはこちら

2020年10月 8日 10:00 | オーナー家の相続・事業承継 | トラックバック(0)

「humanletter」秋号のご紹介

当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の秋号が完成しました。

hl2009.png


このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら
(秋号も9/3以降こちらからご覧になれます)

秋号の内容の一部をご紹介します。

株式の買い取りを会社に要求したが拒否された
相続された株式を、経営に携わっていなかった弟が
会社に買い取りを要求するも拒否。
そこで弟が打った手とは...。

「譲渡制限株式だから大丈夫」と、
会社側は安閑としていましたが、
そこには思いがけない落し穴が潜んでいました。

ここでは、起りがちな「自社株の分散対策」
を怠ったために発生したトラブル事例を紹介し、
注意すべき点と解決策について、
分かりやすく解説しています。

続きはこちら

2020年8月27日 14:58 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

特別講演会のお知らせ

semi2.png

このたび、星野リゾート代表の星野佳路氏を招聘し、
特別講演会を開催いたします。

令和2年10月16日(金)14:00~16:30
場所: TKPガーデンシティPREMIUM田町

【詳しくはこちらをご覧ください】


新型コロナウイルスの影響により、
世界経済全体が深刻な状況となっております。
難しい経営判断を迫られている
経営者様も多いのではないでしょうか。

そのコロナショックで、
最も大きな影響を受けている業種の一つに、
「観光産業」が挙げられます。
今回は、日本の観光産業振興のカギを握る
星野リゾート代表の星野佳路氏をお招きし、
アフターコロナ時代に向けた経営戦略について、
特別講演会を開催いたします。

「アフターコロナ時代に打ち勝つ経営戦略」
「アフターコロナの事業承継をどう考えるか」
「家業が生き残るための戦略」など、
自身が行った戦略や、実際に経験してきた内容を
お話くださいます。
メディアで注目される星野氏のお話は、
業界を問わず、皆様の経営に活かせると思います。

また第二部では私が、
後継者への円滑な事業承継を実現するための
オーナー企業(同族経営)の
リスクマネジメントについて解説いたします。
1人でも多くのオーナー社長に
ご参加いただければ幸いに存じます。

令和2年10月16日(金)14:00~16:30
場所: TKPガーデンシティPREMIUM田町

【詳しくはこちらをご覧ください】

2020年7月 8日 12:09 | 経営セミナーのご案内 | トラックバック(0)

うちの女房を守ってくれないか

「うちの女房を守ってくれないか。」
病気が原因で退職した会長から連絡を受け、
入院先の病院に駆け付けた時の
開口一番のお言葉でした。

奥様もご同席されていて、
「私が死んだら保険は、
いくら降りるのか確認しておきたい。」
とおっしゃったので、
金額をお伝えすると、
「それだけあれば大丈夫だな。」と、
ご安心なさった様子でした。

会長は、急に私を呼び出したことを
丁重に詫びながら、
「医者から余命3ヶ月だと宣告された。
実は斎藤君にお願いがあるんだが聞いてくれないか。」
このように話されました。

突然のお話でしたが、
「出来ることなら何なりと申し付けください。」
と伝えました。

続きはこちら

2020年6月17日 13:00 | いろいろ気づいたこと

「humanletter」夏号のご紹介

当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の夏号が完成しました。


hl2006.png

このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら
(夏号もこちらからご覧になれます)

夏号の内容の一部をご紹介します。

株の分散が招いた悲劇!! 取締役に裏切られる?!
従業員に主体的な経営意識を持ってほしいという思いから、
株を譲渡しているオーナー社長様もいらっしゃると思います。
とはいえ、事業承継においては、
株が分散しているとリスクが高まります。

この夏号では、オーナー社長の死後、
創業家を上回る比率の株式を保有していた新経営陣に、
創業家が裏切られた事例を解説しております。
また、事態を避けるための解決策を
あわせてご紹介しております。

続きはこちら

2020年5月29日 09:30 |

困難を乗り越えた時

新型コロナウイルスの感染拡大で、
今後、世界経済への影響は、
かつてない規模になると言われています。

アジア開発銀行は、世界全体の経済損失を
最大4兆1,000億ドルと予測し、
世界全体のGDPを最大4.8%押し下げる
という試算を発表しました。

そして4月7日、7都府県を対象に、
緊急事態宣言が発令されました。
一体、いつになったら収束するのでしょうか?
皆様のご心痛の深さお察しいたします。

しかし、皆様が経営をされている会社が、
世の中に求められる存在である限り、
こんなことでへこたれるはずがないと思っています。

この困難が厳しいものであればあるほど、
これを乗り越えた先にある姿は力強く、
将来が明るく輝くものになると、
私は固く信じております。

恐らく、この困難を乗り越えた時、
今までなかった付加価値を生み出し、
社員は結束を高め、大変な危機を乗り越えた
自信に溢れるのではないでしょうか。

私も辛い気持ちは皆様と同じですが、
ただ耐えて嵐が過ぎ去るのを待つのではなく、
お客様にどうお役に立てるのか、
やれることを行っていきます。

そして今こそ、
『オーナー経営者のリスクマネジメントを通じて
会社の存続と発展へと導く』という
ミッション実現への底力が試される時だと感じつつ、
前に向かって、精進してまいります。

2020年4月16日 09:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

今年も会社説明会を行います

新型コロナウイルスの影響と被害にあわれた皆様に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く終息することを願っています。・・・・・


ところで、今年も会社説明会を行います。
唐突かとは存じますが、
私が会社説明会でお話しする内容をご紹介します。

*************

皆さんは2025年問題をご存知ですか?
2025年には中小企業の社長の平均年齢が70歳を超え、
後継者が決まっていない会社が約127万社になるといわれています。

後継者が決まっていなければスムーズに事業が承継できません。
事業が承継できずに会社を廃業したり倒産してしまった場合、
日本経済において大きな損失に繋がってしまいます。

約650万人(全体の約10%)の雇用が失われ、
約22兆円(全体の約4%)もの
GDPの消失に至ると予想されるからです。
       (2019年中小企業庁発表)

続きはこちら

2020年3月18日 10:30 | 雑感・その他 | トラックバック(0)