ヒューマンネットワークグループ代表 齋藤伸市ブログ

「humanletter」秋号のご紹介

年に4回お届けしている当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の秋号が完成しました。

202209012.png

このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら


今号の内容をご紹介します。

帝国データバンクの動向調査によりますと、
後継者が「いない」、
あるいは「未定」とした企業の割合は61.5%でした。
この数字は、経営者の多くが、
後継者問題を抱えている、
実情を物語っているといえそうです。

また、事業承継の方法については、
「親族内承継」が38.3%で最も多く、
次いで31.7 %が「内部昇格」
(親族ではない社内の役員や社員への承継)、
17.4% がM&Aを選択しているようです。

続きはこちら

2022年8月31日 15:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

特別講演会のお知らせ

0929.png

このたび、株式会社原田教育研究所 代表取締役社長
原田隆史氏をお招きし、特別講演会を開催いたします。

令和4年9月29日(木)10:00~12:10
【開催形式】オンライン形式で開催 参加費:無料 300名先着

【詳しくはこちらをご覧ください】


「原田メソッド」や特許取得済みのシステム「ICM」を用いた、
独自の育成手法により、数多くの実績を持つ、
株式会社原田教育研究所社長 原田隆史氏を講師にお招きし、
創立23周年特別講演会を開催いたします。

メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手も、
高校時代に実践した原田メソッドですが、
原田メソッドは組織経営にも置き換えることが出来ます。

講演会では、理想の職場環境作りや収益向上にどう活かすか、
「自立した人と組織を育成する方法」というテーマで、
原田社長に、ご講演いただきます。

また第2部では、社長に万一があったとしても、
会社と家族を守るために今からしておくべきことを、
弊社グループの税理士法人代表、島﨑税理士より、
解説させていただきます。


ライブセミナー形式で、ネット環境があれば、
全国どこからでもご参加いただけます。
1人でも多くのオーナー社長の皆様が
ご参加くださいましたら幸いに存じます。

令和4年9月29日(木)10:00~12:10
【開催形式】オンライン形式で開催 参加費:無料 300名先着

【詳しくはこちらをご覧ください】

2022年7月24日 14:50 | | トラックバック(0)

万一のとき、顧問税理士は社長の家族の味方か?

私達は業務の中で知り得た、
一般的には知られていないことを、
皆様にお伝えすることで、
少しでもお役に立ちたいと思っております。

今回は、社長に万が一のことが発生した場合の、
ご家族のリスクについて書かせていただきます。

さて、会社と顧問税理士の関係は、
会社が顧問料を支払い、
顧問契約として成り立っています。

皆様もよくご存じの通り、
業務内容は、会社の月次監査、決算申告や、
社長個人の確定申告などです。

続きはこちら

2022年6月23日 10:30 | オーナー家の相続・事業承継 | トラックバック(0)

「humanletter」夏号のご紹介

年に4回お届けしている当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の夏号が完成しました。

220614.png

このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら


今号の内容をご紹介します。
経営者の多くは、勇退後の生活について、
趣味を謳歌して悠々自適なセカンドライフを送りたい、
と考えていらっしゃると思います。

生命保険文化センターが発表した調査では、
セカンドライフに、
「ゆとりある生活」をするには、
夫婦でいくらの費用が必要だと思うか、
という問いに対して、
平均月36.1万円という回答でした。

続きはこちら

2022年6月14日 16:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

何か大事なことを決める時

『ろばを売りに行く親子』という寓話があります。
イソップ寓話といわれており、
ご存じの方もいらっしゃると思います。

物語の内容を簡単に記すと、
ロバを飼っていた父子が、
ロバを売りに行くため、市場へ出かけました。

ロバを引いている姿を見て、
「せっかくロバを連れているのに、
歩いているなんてもったいない」
と人は言いました。

なるほどと思った父は、
息子をロバに乗せました。
しばらくすると別の人が、
「元気な若者が楽をして、
親を歩かせるなんて酷い」と言いました。

続きはこちら

2022年5月12日 15:30 | いろいろ気づいたこと | トラックバック(0)

「humanletter」春号のご紹介

年に4回お届けしている当社のお客様向け季刊誌、
「humanletter」の春号が完成しました。

220322.png

このhumanletterではオーナー経営者に役立つ情報や、
当社のサービスについてご案内しております。

バックナンバーはこちら


今号の内容をご紹介します。
まず、令和3年3月に改正会社法が施行されました。
そこで新設された「株式交付」制度の活用が、
自社株対策に効果的だと注目されています。

自社株は取り扱いが難しい資産です。
個人の財産であるのと同時に、
会社の経営権でもあるからです。

続きはこちら

2022年3月 7日 12:00 | 雑感・その他 | トラックバック(0)

活かしてこそ価値がある

資産家の相続対策を専門に活躍されている、
弊社の顧問税理士の小林先生が、
お客様にアドバイスをする上で、
とても重く受け止めているイソップの物語があることを、
私に教えてくださいました。

Webに音声がUPされていて、
早速、聴かせていただきました。
私は資産家でもお金持ちでもありませんが、
なかなか意味深い内容で、
面白いと思いましたので、
皆さんにもご紹介させていただきます。

確かに持っているものを活かして、
初めて価値があるとわかるものです。

サイトへアクセスして、♪音声配信(html5) の
▶をクイックすると1分49秒の音声をお聞きいただけます。
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/05/13.htm

2022年2月17日 11:30 | おもしろおかしい話 | トラックバック(0)

財産を無キズで家族に残す方法

例えば、妻と子供2人のご家庭で、
相続財産が3億円あったとします。
これに対する相続税は、凡そ2,860万円です。

相続税は相続人(本人)が亡くなってから、
10か月以内に現金で納付しなければなりません。
この2,860万円の税金を現金で準備することは、
現実問題として、多大な苦労を伴います。

その際、金融機関から借入して
支払うケースが多く見られます。
何故なら、3億円の財産があっても、
オーナー経営者の場合は、自社株式や不動産など、
換金が難しい財産である場合が多いからです。

そこで、この納税資金を、
予め、何らかの方法で準備しておくことが
大切だということになります。

続きはこちら

2022年1月27日 15:00 | オーナー家の相続・事業承継 | トラックバック(0)